この記事は2020年4月30日現在の内容で書かれています。



このサイトもエックスサーバーを使っています!

スピード感

同じ時間、同じブラウザで、複数のサーバーの WordPress を使うことがあるのですが、Wordpressの起動や、「プレビュー」をクリックしたときの時間などに、スピードの違いがしっかりわかるくらいに、エックスサーバーは速いです。

使っているのがどれもWordpressだけなのと、アクセスが集中して遅くなる!という経験が残念ながらないので、Wordpress を使っているときの話だけになってしまいますが。

私の場合、記事を書くのがちょっと苦手で、何回も「プレビュー」で確認しながら書き進めていくので、これが少しでも遅いと、かなりのストレスを感じてしまいます。

初めてエックスサーバーを使ってみたときは、プレビューをクリックして、クリックし忘れたんじゃないだろうか、と思ったくらいの速さにびっくりしました。

 

便利な機能がどんどん増えていく

Webやメールで主にエックスサーバーを使っていますが、一般的な機能はほぼそろっています。

それでも、新しい技術がでてきたり、使い方が変わっていったりしますが、それらに素早く対応してどんどん機能も増えています。

Webで使えるWebフォント(モリサワフォント)のフォント数が増えたり、Wordpressを管理画面から簡単に移行できる「WordPressかんたん移行」が追加されたり、DNSを書き換える前にSSLの設定ができるようになったり、などなど、使っていて、あったらいいなぁと思う機能がどんどん追加されています。

また、PHPの新しいバージョンが使えるようになるタイミングも速いように思います。
(もちろん、どのバージョンにするかは管理画面で選べます)

関連記事
モリサワのWebフォントが無料で使えるレンタルサーバー
WordPress の サーバー移行(お引越し)がとても簡単に
サーバーの引っ越しに便利 無料独自SSLの事前発行 XSERVER
PHPのバージョン切替も簡単です

新サーバー簡単移行も

2020年2月からは、ハードウェアを大幅に増強したサーバーを使えるようになりました。

通常、サーバーの構成などが大きく変わるときには、サービスプラン名やサービスのバージョンを変えて提供され、古いサーバー契約を解約して新しいサーバーを契約するということが多いように思います。

が、エックスサーバーの場合、すでに利用中のサーバーから新仕様サーバーへの移行ができ、無償で簡単に新仕様のサーバーへ移行できる機能を提供する、というアナウンスがありました。

今使っているサーバーでは、その機能の提供開始前ですが、どの程度簡単に移行できるかを試してみたいと思っています。