この記事は2020年5月2日現在の内容で書かれています。

独自ドメインで利用しているWebサイトを、できるだけトラブルなく異なるレンタルサーバーに引越したい場合、レンタルサーバーによって少しだけ特徴に違いがあったりします。

ドメインを移行するには、一般に、ドメイン管理会社に新しいサーバーが提供するネームサーバーに書き換えてもらう必要があります。(たいていの場合、管理画面で変更可能です)

これを行うと、誰でも新しいサーバーの内容を閲覧するように切り替わりますが、その前に新しいサーバーできちんと表示されるかを確認したい。

その確認方法が、管理画面から設定できるように用意されているサーバーが多いようです。

が、WordPressを使っていたり、内部でリンク先や画像などに http(s):// から始まるような書き方をしている場合には、現在使っているサーバーに飛んでしまったり、現在使っているサーバーの画像を表示してしまうため、気づかずに、実際に切り替わった後に画像が抜けたりエラーになったりとあたふたすることがあります。

それを防ぐための方法として、自分のPCでhostsを書き換えて、自分のPCからだけ確認する方法があります。(詳しくはhostsの書き方(ドメイン移行前のページを確認する方法)をご覧ください)

これをするための方法もサーバーによって微妙に異なります。

ということで、一度使ったものの使い勝手をまとめてみました。

違い