おうちでお仕事HOME > レンタルサーバーの使い勝手 > レンタルサーバーの使い勝手の違い > 使いやすい ファイルマネージャー が増えている?

使いやすい ファイルマネージャー が増えている?

最終更新日:2019-01-25

「ファイルマネージャー」は、必要なファイルをサーバーにアップロードしたり、サーバーからファイルをダウンロードしたりする、FTPソフトと同じようなことがブラウザ上でできる機能です。

「ファイルマネージャー」が用意されているレンタルサーバーも多く、その使い勝手もさまざまです。

FTPのアカウントでログインでき、アカウント作成時に決めた、どのファイル類にアクセスできるかによって、利用できるフォルダーが違ってきます。

 

XSERVER のファイルマネージャーは使いやすい

個人的には、シンプルで一番使いやすいのがエックスサーバーの「ファイルマネージャー(WebFTP)」です。

FTPソフトで行えることのほかに、テキストファイルを編集することもできます。

外出先でちょっと直したい!というようなときにも、スマホから簡単に編集することができます。



↑ エックスサーバーの公式サイトはこちら
エックスサーバー/エックスサーバービジネス どちらも

 

豊富な機能に驚かされる ConoHa WING のファイルマネージャー

最初にログインしたときに、その機能の多さに驚いてしまいました。

FTPソフトのかわりになるだけでなく、テキストの編集、画像の編集(Pixlr Editor)までできてしまいます。

後は、使いこなせる豊富なマニュアルがあるといいのですが。

個人的な使った感想:
私のWindows10の環境では、IEではうまく動かない部分がありましたし、Flashがインストールされていないと画像編集はできないなど、あまりに機能が良すぎて、私には使いきれないように感じてしまいました。


↑ ConoHa WINGの公式サイトはこちら

 

一般的な お名前.comのレンタルサーバー のファイルマネージャー

FTPソフトでできることが「ファイルマネージャー」でできます。

ファイルのアップロード、ダウンロード。属性の変更。フォルダやファイルの削除や作成。

簡単にできて、使い勝手もいいものです。

コントロールパネルで「サービス設定」の「サーバー情報」をクリックし、ファイルマネージャーのアドレスをクリックすることで使うことができます。



↑ お名前.comのレンタルサーバーの公式サイトはこちら