おうちでお仕事HOME > レンタルサーバーの使い勝手 > 参考になれば! > サーバー移転 WordPressを移転する

サーバー移転 WordPressを移転する

作成日:2018-08-09  更新日:2018-08-09

旧サーバーから新サーバー(XSERVER)へWordpressサイトを移転した時の覚書です。

違う方法もありますが、私が簡単に行える方法で行ってみました。

まずは旧サーバーでの作業

  1. WordPress関連のすべてのファイル類をFTPでダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルの中に wp-config.php ファイルがあり、その中にWordpressで使っているデータベース情報が書かれている。この情報をもとに、phpMyAdmin でデータベースを選択してデータをエクスポート。

ここから新サーバー(今回はXSERVER)での作業

  1. まずは、ドメインの作成
    サーバーパネルで「ドメイン設定」→「ドメイン設定の追加」で移転したいドメインを設定する
    DNSの書き換えを行うまでは、実際には旧サーバーを見に行くので、こちらでの作業は間違えても気にせずやり直せる
  2. 次にデータベース、それにアクセスするためのユーザー名、パスワードを用意する。
    サーバーパネルから「MySQL設定」→「MySQL追加」でデータベースを、「MySQLユーザ追加」でユーザとパスワードを作成。「MySQL一覧」で用意したデータベースにユーザーを割り当てることができる。
  3. phpMyAdminで旧サーバーからエクスポートしたデータをインポートする。
    サーバーパネルの「phpMyAdmin」をクリックして、上記で作ったデータベースのユーザー名とパスワードを入力し、phpMyAdmin画面に入る。左から今回使用するデータベースを探して、クリックし、テーブルなどが何もないことを確認して「インポート」をクリックし、旧サーバーからエクスポートしたファイルを指定してインポートを行う。
  4. wp-config.php をエディタで開いて、データベースの情報を新しいものに変更
  5. FTPで新サーバーへファイル類をアップロード
  6. まだDNSが移行されていないので、確認するためにhostsにドメイン名を指定して、自分のPCでだけ見られるようにする。
    Windows10の場合 C:\Windows\System32\drivers\etc の場所にあるhostsをメモ帳などの管理者権限で開き、最終行に
    IPアドレス<半角スペース>ドメイン名
    を入力する。IPアドレスはサーバーパネルの「サーバー情報」で確認できる。
    詳しくはhostsの書き方(ドメイン移行前のページを確認する方法)
  7. ドメインを管理している会社にアクセスしてDNSを変更する。
    XSERVERの場合、変更する内容はサーバーパネルの「サーバー情報」の「ネームサーバー1~5」に書かれている。
  8. SSL設定する場合には、この後、サーバーパネルの「SSL設定」でドメインを選択して「独自SSL設定の追加」を行う(無料独自SSLを利用する場合)

 

エックスサーバービジネスなら、初回のみ、無料で運用中のサーバーからエックスサーバービジネスへのWebサイト移転を代行してくれます。