おうちでお仕事HOME > レンタルサーバーの使い勝手 > レンタルサーバーの使い勝手の違い > マルチドメインに関するレンタルサーバー毎の違い

マルチドメインに関するレンタルサーバー毎の違い

作成日:2017-10-20  更新日:2018-01-04

ドメインとは、このページの場合の outideoshigoto.com のことです。
そして、一般的に tips.outideoshigoto.com や、waiwai.outideoshigoto.com などをサブドメインと言います。

1つの会社の中でも、商品のブランドやイベントごとに、別ドメインをとったり、サブドメインを使ったりすることがあります。

ふつうドメインは、ドメインの取得や管理を代行する会社と契約をして使います。

そのため、ドメインを使うためには、月額、または年額の費用が掛かります。

サブドメインは、そのドメインを持っていれば、特に費用が掛からずに使うことができます。

ドメイン管理会社と契約をしたドメインやそのサブドメインは、レンタルサーバーなどで使うことができます。

レンタルサーバーにより、1契約で使えるドメイン数などが決まっている場合もありますので、以下を参考にご確認ください。

お名前.com の共用サーバー のドメイン設定

GMOインターネット株式会社 の お名前.com 共用サーバー(SD-11プラン)。

マルチドメイン、サブドメインは無制限です。

ドメインの追加やサブドメインの追加方法、管理者画面での追加したドメインやサブドメインの表示が、ほかのサーバーと比べて一番わかりやすく感じました

 

 

エックスサーバー のドメイン設定

エックスサーバー株式会社 の エックスサーバー(X10プラン)。

マルチドメイン、サブドメイン無制限です。

ただ、サブドメインとサブディレクトリに同じ名前を使うことができないという、ちょっと特殊構造になっています。

実際には、サブドメインを設定すると、ドメインの直下にその名前のディレクトリが作られ、そこを見に行くようになっています。

例えば、waiwai.outideoshigoto.com を登録すると、outideoshigoto.com の waiwai というフォルダを見に行くようになるので、(www.)outideoshigoto.com/waiai/ というようなURLは作ることができません。

他のサーバーの多くは、サブドメイン名(waiwai.outideoshigoto.com)のディレクトリが作られてるようになっているのですが、エックスサーバーでは、outideoshigoto.com のディレクトリとして「waiwaiwai」が作られます。

.htaccess を使えばできるようです。「エックスサーバーでサブドメイン名とサブディレクトリ名が同じ場合の解決方法」を参照ください

 

 

iClusta+ のドメイン設定

GMOクラウド株式会社 の iCLUSTA+(ミニ)。

マルチドメイン・サブドメイン 60個までです。

 

 

Suite X のドメイン設定

株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ の WebARENA SuiteX(スタンダード)。

ドメインの考え方がちょっと特殊で、1つの親ドメインの中に子ドメインを作るようになっています。

例えば、outideoshigoto.com が親ドメインとして登録した場合、waiwai.outideoshigoto.com などのサブドメインも、example.com などのドメインも、すべて子ドメインになります。

メールアカウントなどは、ドメインごとに作成するのではなく、子ドメインも含めたすべてのドメイン共通のものが作られます。
必要があれば、パソコン側のメールソフトで、ドメインごとに仕分けをする必要があります。

また、多くの他のサーバーでは、ホームページは www. から始まるもの(例えば www.outideoshigoto.com)でも、ドメインだけのもの(例えば outideoshigoto.com)でも最初から使えるようになっていますが、Suite X の場合には www から始まるものは、子ドメインとして登録しないと使えません。

メインの親ドメインとあわせて登録できるドメインは、サブドメインも含めて合計10個までですが、子ドメインとして複数のドメインを登録する場合、www を使うのであれば、合計数の半分までしか使うことができません。