この記事は2020年4月9日現在の内容で書かれています。

BtoB、つまり企業同士の取引(卸売)を行いたい場合にはどんなサービスを利用できるのでしょうか。

ネットショップ作成・運用サービス(ASP)でも対応しているところもありますし、BtoB専用のモールなどでも一般消費者向けBtoCと同じように簡単にショップをオープンすることができます。

 

MakeShop の 「BtoB、会員制ショップ構築機能」や「BtoBオプション」

MakeShop では、「BtoB、会員制ショップ構築機能」、「BtoB オプション」、「BtoB ECサイト構築パッケージ」を用意して、BtoB・卸売により最適なサービスを提供しています。

BtoB、会員制ショップ構築機能

会員専用のログイン制限機能や年齢認証画面、会員ごとのポイント付与設定など、切り替えだけでさまざまな業態(会員制ショップや卸事業者向けショップなど)に対応できる機能を使って任意の相手のみ閲覧できる「BtoBショップ」を運営することができます。

BtoBオプション

さらに本格的なBtoB向けショップを構築したいなら、ベースとなるECシステム(MakeShop)にBtoBオプションを追加するだけで、簡単に卸売・会員制ECサイトを始めることができる「BtoBオプション」も用意されています。

BtoBオプションには、以下のような卸売・会員制ECサイト構築に必要な機能がひとつのパッケージになっています。

  • 一般購入者も対象としたBtoCサイトと兼用して運営
  • 取引先ごとの価格設定や、割引率、ポイント付与数の設定
  • 取引き先ごとの利用できる決済方法の設定や、利用可能な決済方法の制限設定
  • MakeShopの標準機能を使って、小口注文を受け付けないように購入ロット制限をしたり、サイト管理者が申請を承認しないと会員登録が完了しないフローの設定

BtoB ECサイト構築パッケージ

卸売・会員制ネットショップを構築したい方向けの、便利でお得なパッケージプランも用意されています。

取引先ごとに異なる価格を表示したり、決済方法を制御したりする機能だけでなく、基幹システムとの連携や機能のカスタマイズにも対応してくれるパッケージです。

 


詳しくは MakeShop の公式サイトで ↑

 

カラーミーショップ で BtoB ショップをオープンする

カラーミーショップでは会員機能やポイント付与機能を使って、例えばメーカー小売価格を表示した商品ページを用意し、ログインした会員だけ卸価格を見られるようにする、というような使い方ができます。

また、卸売サイト構築で需要が高い「オンライン見積もり」機能や「BtoB EDIカートシステム」、「ロット販売で受注をコントロール」などと組み合わせて使うこともできます。

カラーミーショップ「BtoBサポート」公式ページには、すでに実績をあげているショップも紹介されています。


詳しくは カラーミーショップ の公式サイトで ↑ 

 

Amazonビジネス出品プログラム で売る

Amazon Businessは、Amazon.co.jpを利用して企業間での商品の売買を行うサービスです。

  • 一般会員向け販売価格に加え、法人・個人事業主のお客様向けの価格を登録できます。
  • 購入数量に応じた割引の適用が可能です。
  • 法人・個人事業主のお客様向けに限定した出品も可能です。
  • 掛売り販売で、新規法人取引のリスクを軽減するため、与信確認、請求書の発行を含め、代金回収をAmazonが代行します。

詳細は Amazon出品(出店)サービス で!

 

卸販売のモール NETSEA(ネッシー) で売る

NETSEAは日本最大級のWEB卸売り・仕入れサイトです。

メールと電話でのサポート窓口が用意されているので、初めてのネット販売でも安心して運営できます。

後払い決済の場合、当該販売代金をNETSEAがまとめて支払いをするので、入金確認などの作業の削減ができます。

ネットショップ作成・運用サービス(ASP)と違い、すでに25万社以上のバイヤーが登録しているモールにショップが出せるので、モール自体の集客力、信用をフルに活用できます。

詳細は NETSEA  で!