契約さえすれば、月額の固定費が無料でネットショップをオープンできるサービスもあります。

機能や商品数などによって有料のプランと無料のプランを分けているところもあります。両方用意されているところでは、途中から有料のプランに切り替えることもできるようになっています。

 

BASE なら無料でネットショップをオープンできる

BASEは、初期費用・月額費用が0円のサービスです。また、ほとんどの機能を無料で使えます。

デジタルコンテンツ販売や、パスワードを使って特定のお客様へだけの販売などのショップもオープンできます。

特に、BASEでネットショップを立ち上げれば、スマホアプリの「ショッピングアプリBASE」に、自動的に無料で出店され、集客にも役立てることができます。

どんなデザインのショップができるのだろうと気になる方は、下記の公式ページで「ネットショップの事例を見る」で見てみてください。

 BASE の公式ページはこちら >>>

 

イージーマイショップには無料で使えるプランがあります

イージーマイショップ には、無料のプランも用意されています。

無料のプランでは「定期購入・頒布会」や「会員機能」が使えなかったりと、有料のプランと比べると使える機能が少なかったりデータ容量が少なかったりしますが、いつでも機能豊富な有料版へアップグレードすることができます。

イージーマイショップの公式サイトへ >>>

 

無料といっても売れた場合の手数料などはかかります

これらのサービスは、初期費用や月額の固定料金は無料ですが、商品が売れた場合の手数料などはかかります。

例えば BASE の場合、

一回の注文の総合計(商品+送料)に対して、BASEかんたん決済手数料が「3.6%+40円」、サービス利用料が「3%」かかります。

また、ショップの売上金(振込可能残高)はBASEが預かって管理します。その売上を引き出す【振込申請】にも手数料がかかります。
振込手数料が「一律250円」、事務手数料が振込申請額2万円未満の場合は500円、2万円以上の場合は0円。