この記事は2020年9月22日現在の内容で書かれています。

ショップ全体をhttps化する「常時SSL」とは

最近は、http://example.com のように http から始まるのではなく、
https://example.com のように https から始まるホームページがほとんどになってきました。


https:// から始まるページでは鍵マーク(と認証の種類によっては社名など)が表示されます。


http://から始まる場合には、「セキュリティ保護なし」などのようなメッセージが表示されます。

どちらも Microsoft Edge や Chrome、Safari などのブラウザで同じようにページが表示されますが、インターネット上でデータを暗号化して送受信できる方法をとっているのが https から始まるものです。

これにより、ページが改ざんされたり、お客様の個人情報が漏洩したりすることなく、安心して閲覧や購入をしていただくことができます。

お客様が個人情報を入力されるカート部分だけでなく、すべてのページをSSL化(常時SSL)することで、Webサイトのセキュリティの強化、Webサイトの価値の向上、並びに Google や Yahoo のような検索エンジン対策(SEO)にも有利だといわれています。

 

ほとんどのネットショップサービスでは、サービス会社から提供されたドメインで運用する場合には、常時SSLで運用するようになっていますが、ショップ専用の独自ドメインを利用する場合には、有償のオプション契約が必要な場合も多いようです。

 

BASE では独自ドメインでも常時SSLが無料です!

BASEでは、BASEが提供するドメインも常時SSL化されていますし、

独自ドメインでも、BASEがサーバ証明書を無料で取得し、更新管理してくれます。

BASE の公式サイトはこちら ↓

カラーミーショップではオプションで常時SSLに対応

カラーミーショップで「独自ドメイン」を利用する場合、「常時SSLオプション(月々1,000円(税抜))」が用意されています。
(ただし、カート部分だけはカラーミーショップのオリジナルドメインでSSL化されています。)

独自ドメインではなく「〇〇.shop-pro.jp」で運用される場合には、何も気にせず常時SSLで運用できるようになっています。

カラーミーショップ の公式サイトはこちら ↓

 

らくうるカートでは「常時SSL化対応」を標準機能 注意点あり

らくうるカートでは、レギュラープラン、アドバンスプランで独自ドメインでの利用になりますが、常時SSL化対応を標準機能として提供しています。

ただし、らくうるカート以外で取得されたドメインを使う場合は、ドメインの更新作業や利用料にをショップ側で負担する必要があります。

サブドメインで運用するライトプランでは、常時SSL化対応です。

クロネコヤマトのショッピングカート『らくうるカート』の公式サイトはこちら ↓

 

イージーマイショップ ではすべてのページを常時SSL化

イージーマイショップでは、ショッピングサイト内のすべてのページを常時SSL化されます。

独自ドメインで利用する場合、商品ページだけでなくカートページ(購入手続きページ)も含めて独自ドメインでの常時SSLで運用できます。
( SSLの取得は別途料金がかかります。)

 イージーマイショップ の公式サイトはこちら ↓

 

MakeShop では独自ドメインで常時SSL化可能

MakeShopが提供するサブドメインで運用している場合には常時SSLで運用されます。

独自ドメインを適用しているショップのみ常時SSL化のオプション契約が必要です。
1年契約の12,000円(税別)です。

MakeShop の公式サイトはこちら ↓

 

Shopify では、独自ドメインでも常時SSLを自動的に

Shopifyでは、Shopifyから提供される「○○.myshopify.com」というドメインを利用することも、すでに持っているドメインや、Shopifyで購入したドメインを使うこともできます。

カスタムドメイン(独自ドメイン)を追加すると、Shopifyにより新しいSSL証明書が自動的に作成され、有効化されます。

詳しくは 公式サイト【Shopify】で ↓

 

STORESでの独自ドメインと常時SSL

STORESの独自ドメインは、STORESを契約している間だけ使えるドメインになりますが、商品閲覧ページまで、幅広くSSLに対応しています。

独自ドメインは、スタンダードプランの契約で利用できます。

もちろん、フリープランでも独自ドメインは使えませんが、SSLに対応しています。