この記事は2020年4月9日現在の内容で書かれています。

サイズや色などのような商品オプションを必要とする場合、ネットショップサービスによって、お客様の使い勝手に違いが出てくることがあります。

また、オプションごとに価格を変更することができなかったり、1種類しか設定できなかったりするサービスもありますので、そういった商品を扱う場合、サービス選びの一つの基準としてみてください。

 

MakeShop の商品オプション

サイズや色などのような商品オプションを登録でき、2項目の組み合わせが可能です。

組み合わせごとに価格、在庫数、商品コードを設定できます。

オプションは、CSVファイルで一括登録・修正が可能です。

お客様が見る商品詳細ページでは、表(PCのみ)かプルダウンで表示され、お客様側で変更してみることもできます。

また、お客様に文字を入力していただく「名入れ機能」も用意されています。

 


詳しくは MakeShop の公式サイトで ↑

 

カラーミー の商品オプション

商品ごとにサイズや色などの2項目までのオプションの設定が可能です。

オプションの組み合わせごとに価格、在庫数、商品コードを設定できます。

また、商品オプションの情報をCSVファイルを使って一括で登録することもできるので便利です。

お客様が見る商品詳細ページでの表示方法はプルダウン、表形式から選ぶことができます。

商品ページごとにテキスト入力フォームを設置し、購入者が商品への刻印用の文字などを指定できる「名入れ機能」も用意されています。


詳しくは カラーミーショップ の公式サイトで ↑

 

イージーマイショップの商品オプション

商品ごとに、色やサイズなどの種類を2項目まで設定できます。

種類ごとに、商品コード、価格、在庫を設定できます。

「オーダーメイド商品」の機能を使うことで、ネーム入れ(名入れ)や選択条件付きカスタム項目など様々な商品注文が行えます。また項目毎に追加料金の設定ができます。


詳しくは イージーマイショップ の公式サイトで ↑ 

 

BASE の商品オプション

同じ価格であれば1種類のオプションを設定できます。
例えば色とサイズを指定してもらいたいような場合、「ブラック – S」「ブラック – M」「レッド – S」・・・のような方法で1種類の選択肢として対応できます。


詳しくは BASE の公式サイトで ↑ 

 


 

※注意
上記の内容は、各サービスの料金プラン、デザインテンプレートなどによって使えない場合もあります。詳しくは各サービスのページでご確認ください。