サイズや色などのようなオプションを必要とする商品を売る場合、どのネットショップサービスを使うかによって、微妙に扱い方が違ってくるようです。

オプションごとに価格を変更することができなかったり、1種類しか設定できなかったりするサービスもありますので、そういった商品を扱う場合、サービス選びの一つの基準としてみてください。

また、実際にカートを選択したお客様が、どのような形態で見ていただけるかを選べるものもあったりします。

商品オプションが大切になってくる商品を扱う場合には、これらの微妙な違いも大切になってきますね。

MakeShop の商品オプション

アパレルショップなどに特に便利に使えるというだけあって、1商品あたりに、サイズ、色などのパターンを、最大500個まで属性として登録することができ、それぞれのパターンごとに販売金額を設定できます。

1商品あたり色やサイズなどの項目は50、それぞれの色の種類や大きさの種類は10種類まで登録できますので、お客様の購入画面では、色はどれを選ぶか、サイズはどれを、というように選択して、購入ボタンを押していただけます。

お客様に文字を入力していただく「名入れ機能」も用意されています。

詳細は MakeShop で!

 

ショップサーブの商品オプション

「商品オプション価格設定」を使って、色やサイズなどの設定だけでなく、付帯サービス(延長保証や取り付け工事など)を一緒に購入できるようにしたり、付属品をオプション価格に設定したりすることができます。
商品価格に「マイナス設定」も登録可能です。

「カートに入れる」ボタンのところも、ショップ側が用意した選択肢の中からプルダウン式で選んでいただくものと、名入れやメッセージのようなお客様に自由に記入していただけるテキストボックス式が利用できます。

オプションは 1,000 件まで登録でき、商品ごとにその登録したオプションを紐づけて使います。

詳細は ショップサーブ で!

 

カラーミー の商品オプション

「商品オプション設定」を使って、各商品ごとにサイズや色などのバリエーションの設定が可能です。
色やサイズなどのオプション名は2つまで設定が可能で、それぞれの項目は制限なく追加できます。
また、商品オプションの情報をCSVファイルを使って一括で登録することもできるので便利です。

商品詳細ページでの表示方法はプルダウン、表形式から選ぶことができます。

商品ページごとにテキスト入力フォームを設置し、購入者が商品への刻印用の文字などを指定できる「名入れ機能」も用意されています。

詳細は カラーミーショップ で!

 

イージーマイショップの商品オプション

「オーダーメイド商品」の機能を使うことで、ネーム入れ(名入れ)や選択条件付きカスタム項目など様々な商品注文が行えます。また項目毎に追加料金の設定ができます。

詳細は イージーマイショップ で!

 

BASE の商品オプション

同じ価格であれば1種類のオプションを設定できます。
例えば色とサイズを指定してもらいたいような場合、「ブラック – S」「ブラック – M」「レッド – S」・・・のような方法で1種類の選択肢として対応できます。

詳細は BASE で!

 


 

※注意
上記の内容は、各サービスの料金プラン、デザインテンプレートなどによって使えない場合もあります。詳しくは各サービスのページでご確認ください。