この記事は2020年9月6日現在の内容で書かれています。

会員限定のネットショップを作りたい。そういった機能はあるのだろうか・・・、ということで調べてみました。

どのような会員制にしたいのかによって異なりますが、会員制のネットショップで細かい設定をしたいなら、機能豊富なカラーミーショップやイージーマイショップ。個別カスタマイズにも対応してくれる MakeShop などがあります。

また、年齢制限や、特定のパスワードをかけることで会員以外にアクセスできないような機能であれば、月額無料のSTORESやBASEなどでも行うことができます。

細かい設定の「会員機能」が用意されているカラーミーショップ

会員限定のネットショップが作れる「会員機能」が用意されているのが カラーミーショップ です。
追加の費用がかからない基本機能として用意されています。

  • 会員だけがショップを見られる「限定ショップ」
  • 会員としてログインしているときだけ見られる会員専用の「限定商品」
  • 会員だけが特別価格で商品を購入できる「限定割引」

などを自分のショップで運営できます。

 

ショップ自体を会員限定にする方法と、一部商品のみを会員しか購入できないように購入制限をする方法があり、2種類を組み合わせて使うこともできます。

ショップ全体を会員専用にするだけではなく、商品の閲覧/購入の設定は商品ごとに行うこともできるので、

  • 誰でも商品を閲覧・購入もできる商品
  • 商品ページは誰でも見ることはできるけれど、購入は会員のみの商品
  • 会員だけが商品情報を見ることができ、購入もできる商品

というように、商品毎に分けて使うことも可能です。

また、会員のみ割引価格にすることも可能で、商品ごとに割引価格を設定することも、指定した商品をすべて「〇〇円引き」とか「〇〇%引き」、というように一括で設定することもできます。

カラーミーショップ の公式ページはこちら ↓

 

充実した会員機能を持つイージーマイショップ

ショップ側で用意したIDを使った会員専用ショップや、お得意様だけに提供できる会員限定商品の設定、会員グループ別の割引など、会員機能が充実しています。

全ての会員を共通のアカウントで運営することも、会員毎にアカウントを付与することもできます。

また、閲覧は誰にでもできるけれど、購入は会員のみのようにすることもできます。

イージーマイショップには初期費用、月額利用料のかからない無料版のプランがありますが、会員機能は無料版のプランでは利用できませんのでご注意ください。

 イージーマイショップ の公式サイトはこちら ↓

 

MakeShop の BtoBオプションなら、個別カスタマイズにも対応

「BtoB、会員制ショップ構築機能」でTOPページやカテゴリ画面に、会員専用のログイン制限をかけることができます。

アクセス制限だけでなく、会員をグループ分けして、グループごとに追加ポイントや割引率を設定したりすることもできます。

また、BtoBオプション(有償)を使うことで、MakeShopの基本機能と組み合わせて、より詳細な設定、豊富な機能を使って本格的 会員制 EC サイト を作ることもできます。

BtoBオプションなら、個別カスタマイズにも対応しています。

MakeShop の公式サイトはこちら ↓

 

プランによっては商品カテゴリーごとに設定ができる『らくうるカート』

ショップサイト全体を会員限定にする機能が用意されています。

また、レギュラープラン、アドバンスプランであれば、特定の「商品カテゴリ」や「フリーページ」を会員限定にすることもできるようになっています。


詳しくは、クロネコヤマトのショッピングカート『らくうるカート』の公式サイトで ↑

 

ショップに対して制限をかけられる STORES

STORES では、年齢確認画面をショップ訪問時に表示して制限をかける年齢制限機能、パスワードを知っているお客様だけがアクセスできるシークレット販売機能が用意されています。

シークレット販売では、ストア全体が設定したパスワードでロックされてしまうため、パスワードを知らないお客様は入ることができなくなります。
パスワードを知っているお客様だけのストアを用意すれば、今までのストアはそのままに、特別なお客様だけのストアを運営できます。

フリープランでもスタンダードプランでも利用できます。

 STORES の公式サイトはこちら ↓

 

ショップに対して制限をかけられる BASE

BASE では「シークレットEC」で、パスワードを知っている特定のお客さまだけにショップを公開することができます。

また、ショップに訪れたお客様に対して年齢確認を求めることで、非対象のお客様はショップを閲覧することができなくなる「年齢制限」が用意されています。

BASE の公式サイトはこちら ↓