この記事は2020年08月26日現在の内容で書かれています。


ネットで商品を売ろうと思ったら、どうすればいいのでしょう。

いろいろなサービスがあります。

まったく初めてでも、技術的なことがわからなくても、ネットショップがオープンできるようになっています。

すでにホームページやブログがある場合には、そこにカートの仕組みをはめ込むことでネットショップを運営することができるサービスもあります。

自分独自のショップを持つことも、ネット上のショッピングモールに出店することもできます。

このサイトでは主に、ネットショップ作成・運用サービスが扱っている機能を比較しています。

このページでは、まずはネットショップを運営するために、どんなものがあるのか挙げてみたいと思います。

楽天市場やYahoo!ショッピング、アマゾンなどのインターネット上のショッピングモールに出店する方法

一般に、そのモール自体に集客力も信用もあるので、独自にショップをオープンするより、ネットショップオープンのハードルが低いというメリットがあります。

逆にモール内に同じような商品を売る店があると、どう差別化するかが難しくなり、価格競争になってしまうこともあるようです。

そのためにキャンペーンや広告などのサービスを提供したり、モール内での集客のセミナーを用意したりしているところもあります。

料金としては、月額料金に加え、売り上げの何パーセントというような決済手数料が発生し、キャンペーンの参加や広告費用なども発生したりします。

楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどから購入できるということ自体、買う側の安心感につながるので、差別化できる商品であればお勧めの方法です。

Amazon出品(出店)サービス

Amazon出品(出店)サービスに契約すれば、Amazonマーケットプレイスに商品を出品できます。

最小限の手間で、思いたったその日からネット販売を開始できます。

Amazonの物流拠点(フルフィルメントセンター)に商品を預けることで、Amazonが商品の保管から注文処理、配送、返品に関するカスタマーサービスまでを代行する「フルフィルメント by Amazon(FBA)」を利用すれば、より便利にネットショップを運営することができます。

お急ぎ便やお届け日時指定便を当たり前に思っているAmazonのプライム会員の購入者も多いと思いますが、「フルフィルメント by Amazon(FBA)」サービスを使えば、そんな配送手続きもAmazonが代行してくれます。

Amazon出品(出店)サービスの詳細はこちら>>>

 

ショッピングカートを利用できるクラウドサービス(ASP)と契約してオープンする方法

今、とても増えてきている方法です。

ほとんどのサービスで、無料期間が用意されているので、使い勝手などを試してみてから申し込むことができます。

サービスを提供している会社や、サービスのプランによって違いがいろいろとあるので、目的や運営方法を考慮して、ご自分のショップにあったものを探してみてください。

自分のホームページやブログを活用し、ショッピングカートボタンを付ける

すでにレストランをやっていて、レストラン用のホームページは持っているけれど、人気のこの商品はネットでも売れると思うので売ってみたい、

ブログで実店舗のお客様を集客しているけれども、ネットでも売れるかどうか試してみたい、

本格的にショップ用のページを作ったりするのは、まだまだ人手不足で大変だけれど、数種類だけ売ってみたいので自分のブログにカートボタンを付けたい、

などなど、すでにあるサイトやブログのまま、お試し感覚で「カートに入れる」ボタンを付けることができます。

そういうサービスでは、とても簡単に、管理画面などに表示されるコードをコピペするだけで「カートに入れる」ボタンを付けることができます。もちろん、ボタンを用意してくれるだけではなく、お客様がボタンをクリックした後の決済システムへの流れを全て提供してくれます。

例えば、SHOP-Maker は、カートシステム部分に特化したサービスを 1999年から提供し進化させ続けています。

また、多くのサービスでは、ブログなどに「カートに入れる」ボタンを付ける機能も用意されています。

などなど

詳しくは自分のホームページやブログでネットショップを運営したいの記事もご覧ください。

必要な機能一式がそろっていて、安心してネットショップをオープンできるサービス

サーバーやドメインの用意、トップページや商品ページ、お問い合わせページなど、ネットショップをオープンし、運営していくために必要な機能がそろっているサービスなら、初めてのネットショップのオープンでも安心です。

最近は、老舗のサイトでも、商品紹介のページから、「ネットショップはこちら」というように、デザインも含めて別のサイトに飛ばすところも増えてきています。
この場合、すでに集客を集めているサイトからネットショップへ誘導することで、より多くの方に来ていただくことができるのが大きなメリットです。

また、ドメインごとお引越しできるサービスも多いので、今あるサイトを引っ越しして一元管理することもできます。

ショップデザインを決めるためのテンプレートから、商品管理、在庫管理、お客様管理まで、すべての機能がそろっているのが特徴です。

購入いただくお客様目線の便利な機能が豊富に用意されているので、ショップ運営者が気づかなかった便利な機能などにも出会えます。

  • アパレル系のネットショップが多く利用しているのが MakeShop です。アパレル系のショップ以外でも使いやすい便利な機能が豊富に用意されています。
  • カラーミーショップ では豊富な機能のほかに、ショップの成長に合わせて必要な機能を追加していけるように「カラーミーショップ アプリストア」も用意されています。
  • イージーマイショップは、スタンダードプラン、プロフェッショナルプランのほかに、無料版、カートプランも用意されています。

詳しくは必要な機能を標準装備 の ネットショップ作成サービスの記事もご覧ください。

無料でネットショップをオープンできるサービス

ほとんどのショッピングカートを利用できるクラウドサービス(ASP)では、使い勝手を見るための無料のお試し期間が用意されています。

使い勝手も大切だけれど、本当にネットショップでやっていけるのかわからないのに、月々の費用が掛かるのはどうかなぁとか、とにかく安く始めたい!、というような場合には、無料で使えるネットショップもあります。

サポートや豊富な機能が用意されている有料のクラウドサービス(ASP)もいいですが、ひとまずオープンしてみたい、という場合、料金が無料なのは、魅力ですよね。

ただし、無料といっても、初期費用や月額費用はかかりませんが、売り上げの何パーセントとか、1回の売り上げにかかる費用というような決済手数料はかかります。

  • 無料で簡単にネットショップが始められるのは、BASE です。
  • STORES では無料と有料の2つのプランが用意されています。
  • イージーマイショップ には、データ容量が0.1GBと小さめですが、商品数無制限で使える無料版のプランが用意されています。

詳しくはネットショップは無料でオープンすることもできる?の記事もご覧ください。

デジタルコンテンツを販売する(ダウンロード販売)

アプリや電子書籍、映像、音楽から、フォントや壁紙・アイコンといった各種素材を売りたい!

詳しくはデジタルコンテンツを販売するネットショップを作りたい(ダウンロード販売)の記事もご覧ください。

楽天市場と連携したサービスも

Shopify では、ストアの商品を「楽天市場」と連携・販売できます。在庫管理や発送処理、売上を一元管理することができるようになっています。

詳しくは、【Shopify】オフィシャルサイトで。

EC-CUBE を使う方法

「EC-CUBE(イーシーキューブ)」は、株式会社イーシーキューブのEC構築パッケージを誰でも無料で利用・改変できる「オープンソース」として公開したものです。ダウンロードは無料。必要な機能は揃っているので、すぐに開店することができます。改変も自由なので、カスタマイズをすれば、オンライン予約やカスタムオーダーなど、ASPサービスでは実現できない様々な販売形態のサイトを作ることもできます。

(https://www.ec-cube.net/product/ から)

上記のクラウドサービス(ASP)と比べると、少しハードルが高いですが、カスタマイズが自由なので、いろいろなことを試してみたい、ショップ側でしっかりと作り上げていきたい、というような場合に利用することができます。

ConoHa WINGエックスサーバー などでは、Wordpressなどと同じように管理画面から簡単にインストールできる機能が用意されています。

すべて独自に開発する方法

ネットショップが始まった当初は、ショッピングモールもかなり敷居が高く、それ以外でネットショップをオープンしようと思ったら、独自に開発、または独自に開発されたカート用のプログラムを購入して自社サーバーにインストールして使う以外の方法しかありませんでした。
現在では、独自仕様の特別なショップを作りたい、というようなことでもない限り、独自開発にはコストがかかりますし、消費税の計算方法が変わったり、顧客を囲い込むための新しい技術など、素早い対応が難しくなってくるので、一般にはおすすめではありません

また、自分のブログやホームページに「カートに入れる」ボタンだけを貼れるサービスも多くなってきていますので、すべてをネットショップサービスに依存することなく、カートだけを使うこともできます。

PAGE TOP
MENU