おうちでお仕事HOME > ショッピングカート選びTOP > ネットショップを始めよう

ネットショップを始めよう

ネットで商品を売ろうと思ったら

などがあります。

楽天市場やYahooショッピング、アマゾンなどのインターネット上のショッピングモールに出店する方法

一般に、そのモール自体に集客力も信用もあるので、独自にショップを開業するより、ネットショップ開業のハードルが低いです。

逆にモール内に同じような商品を売る店があると、どう差別化するかが難しくなり、価格競争になってしまうこともあるようです。

そのためにキャンペーンや広告などのサービスを提供したり、モール内での集客のセミナーを用意したりしているところもあります。

料金としては、月額料金に加え、売り上げの何パーセントというような決済手数料が発生する場合がほとんどで、キャンペーンの参加や広告費用なども掛かる場合があります。

楽天市場やAmazon、Yahooショッピングなどから購入できるということ自体、買う側の安心感につながるので、大きく儲けたい、と考えている場合にはお勧めの方法です。

まずは、下調べ! 楽天市場で資料請求をしてみては

楽天市場で資料請求をすると、「楽天市場出店ガイドブック」や『成功事例集「店長奮闘記」』が届きます。

もちろん、資料請求は無料
 

出店までの流れから、ネットショップ業界の最新動向、未経験から高い売上を実現した事例など、役立つ情報がたくさん載っていますので、しっかりと調べてネットショップを開業してみてはいかがでしょうか。

人気店の成功秘話一挙公開!失敗談も!?【楽天市場】詳細はこちら 

 

ネットショップ出店案内【楽天市場】お申込みはこちら 

Amazon出品(出店)サービス

Amazon出品(出店)サービスに契約すれば、Amazonマーケットプレイスに商品を出品できます。

最小限の手間で、思いたったその日からネット販売を開始できます。

そしてAmazon の特長の一つとして、Amazonの物流拠点(フルフィルメントセンター)に商品を預けることで、Amazonが商品の保管から注文処理、配送、返品に関するカスタマーサービスまでを代行する「フルフィルメント by Amazon(FBA)」があります。

Amazonのプライム会員であれば、お急ぎ便やお届け日時指定便を当たり前に思っている購入者も多いと思いますが、「フルフィルメント by Amazon(FBA)」サービスを使えば、そんな配送手続きもAmazonが代行してくれます。

Amazon出品(出店)サービスの詳細はこちら>>>

 

ショッピングカートを利用できるクラウドサービス(ASP)と契約してオープンする方法

今、一番増えてきている方法です。ほとんどのサービスで、無料期間が用意されているので、使い勝手などを試してみてから申し込むことができます。

サービス会社や、サービスプランによりいろいろな違いがあるので、目的や運営方法を考慮して、ご自分のショップにあったものを探しましょう。

自分のホームページやブログにショッピングカートボタンのコードを貼るだけ

すでにレストランをやっていて、レストラン用のホームページは持っているけれど、ネットで売れる商品だけをネットでも売ってみたい、
ブログで実店舗のお客様を集客しているけれども、ネットでも売れるかどうか試してみたい、
本格的にショップ用のページを作ったりするのは、まだまだ人手不足で大変だけれど、数種類だけ売ってみたいので自分のブログにカートボタンを付けられないかな
というような場合には、そのサイトやブログのまま、お試し感覚で「カートに入れる」ボタンを貼り付けることができるサービスがあります。
もちろん、ボタンを用意してくれるだけではなく、お客様がボタンをクリックした後の決済サービスは全て提供してくれます。

例えば、どんなサービスがあるかというと、

などなど

Facebookページでネットショップをオープン

Facebookページ用に専用Facebookアプリが用意されていて、それを使えば商品を簡単にFacebookページ に追加でき、管理画面の商品一覧から1クリックでFacebookタイムラインに投稿することもできる機能が用意されているという、Facebookページでお客様と触れ合いを大切にしながら、Facebookページで商品を売るために便利な機能が用意されているクラウドサービス(ASP)は

ネットショップページで売っている商品を専用アプリで簡単にFacebookページに掲載できるクラウドサービス(ASP)は

ネットショップに必要なサービスがすべてそろって安心のAPSでネットショップをオープン

サーバーやドメインの用意、トップページや商品ページ、お問い合わせページなど、ネットショップをオープンし、運営していくために必要な全ての機能がそろっているサービスなら、初めてのネットショップ開業でも安心です。

最近は、老舗のサイトでも、商品紹介のページから、「ネットショップはこちら」というように、デザインも含めて別のサイトに飛ばすところも増えてきています。
この場合、すでに集客を集めているサイトからネットショップへ誘導することにより、より多くの方に来ていただくことができるのが大きなメリットです。

また、ドメインごとお引越しできるサービスも多いので、今あるサイトを引っ越しして一元管理することもできます。

ショップデザインを決めるためのテンプレートから、商品管理、在庫管理、お客様管理まで、すべての機能がそろっているのが特徴です。

購入いただくお客様よりの機能が豊富に用意されているので、ショップ運営者が気づかなかった便利な機能などにも出会えます。

無料でネットショップを開業できるサービス

ほとんどのショッピングカートを利用できるクラウドサービス(ASP)では、使い勝手を見るための無料期間が用意されていますが、使い勝手も大切だけれど、本当にネットショップでやっていけるのか試してみたい、というような方には、無料でできるネットショップもあります。

サポートや豊富な機能が用意されている有料のクラウドサービス(ASP)もいいですが、ひとまずオープンしてみたい、という場合、料金が無料なのは、魅力ですね。

ただし、初期費用や月額費用はかかりませんが、売り上げの何パーセントとか、1回の売り上げにかかる費用というような決済手数料はかかります。

関連記事
Facebookページでネットショップをオープンしよう (イージーマイショップ)

デジタルコンテンツを販売する

アプリや電子書籍、映像、音楽から、フォントや壁紙・アイコンといった各種素材を売りたい!

こんなサービスも便利に使おう

関連記事
試着ができるネットショップを作ろう (バーチャル試着 ちょいコデ)

 

ホームページビルダーEC や EC Cube を使う

ホームページビルダー21にEC登場

ホームページ・ビルダー21 ビジネスパックにホームページ・ビルダー EC が加わりました。
この機能を利用すれば、Yahoo!ショッピングと楽天市場に出店するネットショップを、HTMLやCSSなどの知識がなくてもかんたんに作ることができます。

すべて独自に開発する方法

少し前までは、ショッピングモールもかなり敷居が高く、それ以外でネットショップを開業しようと思ったら、独自に開発、または独自に開発されたカート用のプログラムを購入して自社サーバーにインストールして使う以外の方法しかありませんでした。
現在では、独自仕様の特別なショップを作りたい、というようなことでもない限り、独自開発にはコストがかかりますし、消費税の計算方法が変わったり、顧客を囲い込むための新しい技術など、素早い対応が難しくなってくるので、一般にはおすすめではありません

また、自分のブログやホームページに「カートに入れる」ボタンだけを貼れるサービスも多くなってきていますので、すべてをネットショップサービスに依存することなく、カートだけを使うこともできます。

詳しくは上記「自分のホームページやブログにショッピングカートボタンのコードを貼るだけ」で。

作成日:2014-06-29  更新日:2018-09-14