インターネットFAXサービスでは、FAX原稿として送れるファイルは1つであったり、PDFファイル形式のものだけであったり、容量制限があったりと様々ですが、例えば、Excelで作成したファイルとWordで作成したファイルを一緒にFAX原稿として送りたいというようなことができるのでしょうか。

もちろん、WordやExcelで作成時に、「印刷」でプリンターのところを「PDF」にしたり、「エクスポート」の「PDF/XPSの作成」でPDFファイルに保存するだけで簡単にPDFファイルすることができ、そのままPDFファイルとして送信することもできますが、ひと手間省ければ楽ですよね。

 

eFax、jFax、秒速FAXは、一回の送信で複数ファイルをFAX送信できます。

eFaxの添付するファックス原稿は、最大5件、合計容量1MBまで添付できます。

送信可能なファイルタイプも、PDF、Word、Excel、PowerPoint、GIF、JPEG、TIFF、PNG、と、多くのファイル形式に対応しています。

「eFax」の公式サイトはこちら>>>

 

jFaxの添付するファックス原稿は、最大5件、合計容量1MBまで添付できます。

送信可能なファイルタイプも、PDF、Word、Excelと主要なものに対応しています。

「jFAX」の公式サイトはこちら>>>

 

秒速FAXの添付するファックス原稿は、3ファイルまで、送信時のファイル容量は合計10M(25ページ)まで、とかなりの量を送れます。

ただし送れるファイル形式は、原則PDF形式です。

PDF以外のファイル形式をPDF形式に変換して、3ファイルまでなら統合せずに送れます。

 

 

モバックスとメッセージプラスは1回で送れるファイルは1ファイルです。

モバックスは送信できるファイル数は1ファイルですが、容量は、10MBまで、ページ枚数は255枚までとかなりの量を送れます。

送れるファイル形式は、原則PDF形式です。

 

メッセージプラスも送信できるファイル数は1ファイルで、最大ファイルサイズは5MBです。

PDFだけでなく、Word、Excel、PowerPoint、PDF、tiff、Text、JPG、PNGと多くの種類のファイル形式でそのまま送信できます。

「メッセージプラス」の公式サイトはこちら>>>