この記事は2020年5月11日現在の内容で書かれています。

インターネットFAXの場合、送信エラーはどうやってわかるのでしょう。

また、送信エラー時自動的に再送信してくれるのでしょうか。

そこもちょっと気になるところですね。

送信の確認メールが届く、エラー時は3回まで自動送信 「eFax」

Faxがきちんと送られたかどうかは、FAX送信後、送信の確認を知らせるEメールが、指定メールアドレスに届きます。

手動での再送信は、メールソフトで「送信済みアイテム」に保存されたものをそう一度 再送信すればできますが、送信エラーの場合や宛先の番号が通話中の場合など、自動で3回まで再送信されます。

「eFax」の公式サイトはこちら>>>

 

失敗したらメールが届く、リトライの回数を指定できる 「秒速FAX」

「FAX送信履歴」のページでエラーを確認することもできますが、送信失敗したらメールで知らせてくれる機能も用意されています。

秒速FAX の特徴の1つに最大3,000件まで同時送信可能という「同報FAX・一斉送信」がありますが、1番号毎にエラーメールが配信される為、多量のメールが届く場合があります。そのため、設定で簡単にエラー通知をON/OFFできるようになっています。

メールで受け取る設定に関係なく、管理画面の「FAX送信履歴」からFAXの送信状況をリアルタイムで確認する事ができます。

また、自動での再送信(リトライ)は初期設定では1回ですが、その回数を変更することもできるようになっています。

公式サイトはこちら→パソコンでFAX送受信!秒速FAX

 

送信時の通知メールは任意設定、エラー時は3回まで再送 「モバックス」

エラー時は、自動で3回まで再送信(送信リトライ)されます。

送信時の通知メールでエラーで送れなかったことを受け取りことができます。通知メールの設定で、「受け取る」「不達のみ受け取る」「受け取らない」から選ぶことができます。

 

 

 

エラー時のみ送信結果を受け取ることもできる「メッセージプラス」

「送信FAX結果」がエラーの場合には、原因も記載されるので、原因により、再度送信を行うことができます。

管理画面の「FAX送信履歴」からは、エラーのあり/なしに関係なく、「再送」ボタンをクリック(タップ)するだけで再送できるようになっています。

「メッセージプラス」の公式サイトはこちら>>>