この記事は2021年8月24日現在の内容で書かれています。

インターネットFAXの場合、送信エラーはどうやってわかるのでしょう。

また、送信エラー時自動的に再送信してくれるのでしょうか。

たいていの場合、自動的に決められた回数再送をしてくれて、そのあと不達のメールが届くようになっています。

 

送信の確認メールが届く、エラー時は3回まで自動送信 「eFax」

eFaxでは、FAXを送信すると、「〇〇宛のFaxを送信完了しました」という送信の確認を知らせるEメールが、指定メールアドレスに届きます。

また、エラーが発生して送れなかった場合にも同じように「〇〇宛のFaxを送信完了できませんでした」のメールが届きます。

手動での再送信は、メールからFAXを送った愛には「送信済みアイテム」に保存されているメールをもう一度送りなおしたり、スマホアプリでも残っている情報をもう一度送るだけで再送できますが、送信エラーや送り先が通話中などの場合には、自動で3回まで再送信してくれます。

\年払いプランがお得です/

「eFax」の公式サイトはこちら ↑ 

送信時の通知メールは任意設定、エラー時は3回まで再送 「モバックス」

モバックスは、個人事業主や少人数のオフィスに最適なプランと、複数人で便利に使うための機能が備わったプランが用意されています。

FAXを送信した際の結果を、メールで知らせるように設定しておくことができます。「不達のみ受け取る」ような設定にすることもできます。

エラー時は、自動で3回まで再送信(送信リトライ)されます。

また、管理画面から送信状況を一覧で見ることができ、その場で再送することもできます。

\月額基本料金30日分割引/

MOVFAX[モバックス]の公式サイトはこちら ↑ 

失敗したらメールが届く、リトライの回数を指定できる 「秒速FAX」

「FAX送信履歴」のページでエラーを確認することもできますが、送信失敗したらメールで知らせてくれる機能も用意されています。

秒速FAX の特徴の1つに最大300件まで同時送信可能という「同報FAX・一斉送信」がありますが、1番号毎にエラーメールが配信される為、多量のメールが届く場合があります。そのため、設定で簡単にエラー通知をON/OFFできるようになっています。

メールで受け取る設定に関係なく、管理画面の「FAX送信履歴」からFAXの送信状況をリアルタイムで確認する事ができます。

また、自動での再送信(リトライ)は初期設定では1回ですが、その回数を変更することもできるようになっています。


パソコンでFAX送受信!秒速FAX の公式サイトはこちら ↑

エラー時のみ送信結果を受け取ることもできる「メッセージプラス」

インターネットFAXに留守番電話機能もついたメッセージプラスの場合、

FAXの送信結果の通知をメールで受け取ることもできます。

管理画面の「FAX送信履歴」からは、エラーの場合の原因も記載され、エラーのあり/なしに関係なく、「再送」ボタンをクリック(タップ)するだけで再送できるようになっています。


【Message+】の公式サイトはこちら ↑