受信するFAXの番号は契約時に決まります。

すでにFAXを使っている場合にはFAX番号が変わることが一般的です。

050から始まる11桁の番号以外選べないサービスもあれば、24都道府県から自由に選べるサービスまでさまざまです。
(050から始まる11桁のFAX番号の場合には、コンビニエンスストアから送信できない場合があります。)

事務所や自宅のある都道府県とは関係ありません。

全国57都道府県すべての主要市外局番からFAX番号を選べる 「eFax」



市外局番の多さで特徴的なのがeFaxです。

事務所の場所に関係なく、全国57の市外局番から好きなFAX番号を選べます。
050で始まる番号も選択可能です。

さらに、海外との取引に使いたいというような場合に、世界中の都市の番号からも選ぶことができます。

「eFax」の公式サイトはこちら>>>

 

主要都市の市外局番からFAX番号を選べる 「秒速FAX Plus」



『秒速FAX Plus』では、東京(03)・名古屋(052)・大阪(06)・埼玉(048)・千葉(043)・川崎(044)・横浜(045)・IP(050)の中から市外局番を選び、表示された番号リストの中から好きな電話番号を選ぶことができます。

また、ナンバーポータビリティーにも対応しているので、使用中のFAX番号をそのまま使うこともできます。

 

東京03の市外局番が使える 「Jfax」



居住地に関係なく、東京03の市外局番が利用できます。
050番号も選べます。

契約時、東京03の使える電話番号が表示され、その中から選ぶことができます。

「jFAX」の公式サイトはこちら>>>

 

オプションで、市外局番が選べるようになった 「MOVFAX(モバックス)」



050から始まる11桁の番号で、ランダム(無作為)での割り当てとなるため、好きな番号を選ぶことはできませんでしたが、

オプションで、市外局番を選ぶこともできるようになりました。

2018年6月現在、東京(03)大阪(06)神奈川(045)の市外局番から選ぶことができます。

「FAX番号の変更通知サポート」というオプションも用意されています。L-netの契約が必要です。

 

050で始まる11桁のIP電話の番号が割り当てられる 「メッセージプラス」



050で始まる11桁の番号が割り当てられます。

留守番電話としても使えるメッセージプラスでは、固定電話や携帯電話から『メッセージプラス電話番号』への転送するようにしておけば、『メッセージプラス電話番号』を留守電やFAXとして利用することもできます。

ただし、『メッセージプラス電話番号』での通話はできません。

「メッセージプラス」の公式サイトはこちら>>>