FAXはアナログ回線でないと使えない?光回線ではどうなの?

以前は、電話の回線は、すべて「アナログ回線」でした。その後、ISDN、ADSLと変わっていき、現在は、光回線を使っているところが多いのではないでしょうか。

FAXは、電話回線を接続してつかいますね。

どのFAXやFAXモデムでも、アナログ回線、ISDN回線、ADSL回線、光回線でつかえるんでしょうか・・・。

この回線では使えないよ、というのはないのか、ちょっと気になりだしたので調べてみました。

まずはFAXの規格。

現在は、アナログ電話回線用の G3 FAX、G3 FAXより伝送スピードが速いスーパーG3、ISDN回線用 G4 FAX は解像度がより高く鮮明になっていますが、G4 FAX 同士でなければG3としての機能と同じ機能なります。

というような規格の種類があって・・・。

それぞれの規格用の回線であれば問題ないのですが、
光回線では、一般に、G3(アナログ電話回線用)規格のFAXは使えますが、スーパーG3(アナログ電話回線用)、G4(ISDN回線用)FAXは使えない場合があります。

FAX機、FAXモデムの場合は、説明書やカタログにどの規格であるかが書かれていますのでご確認ください。

また、企業などで使っている大型のFAX機器は、『一般加入回線(アナログ回線)での動作確認をとっており、光回線での動作保証はしておりません。』と書かれているものも結構ありますので、機器と回線業者とに問い合わせが必要な場合があります。

 

参考:
西日本公式ホームページの『「ひかり電話」でFAXは使えますか。