• 事務所に誰もいなくても、会社にかかってきた電話に出たい。
  • 会社にかかってきた電話をだれかが受けて、必要があれば外出先の担当者に社内の内線電話のようにそのまま取り次ぎたい。
  • スマホからかけた電話でも、発信元は会社の代表電話にならないか。
  • スマホ間でも内線電話として電話をかけることができないか。内線電話間の通話は無料だから。たとえそれが海外との電話でも。
  • 事務所にPBXや主装置を取り付けてビジネスフォンとして使うのはいいけれど、工事に来てもらうのもメンテナンスも面倒。

そんな悩みを解決できるのが、クラウド PBX のサービスです。

 

要するに、今までのビジネスホンと同じ機能が、PBXや主装置、ビジネスフォン用の電話機を設置することなく、スマホでできてしまう、ということです。

 

スタッフの多くが外出がちの事務所だったり、在宅勤務などのスタッフを抱えたりしている仕事環境にぴったりの、こんな夢のようなサービスが続々と増えてきました。

クラウドPBXなどと言われていて、PBX や ビジネスホン主装置 などを企業内に置く代わりに、クラウド上のものを使い、どこにいてもその装置(サービス)を使えるようにするものです。

クラウドPBXサービスを簡単にまとめると

ほとんどのクラウドPBXサービスでは、基本的に、

インターネット回線を利用して、クラウド上にあるPBX(のサービス)を使って電話を受けたりかけたりするので、卓上電話はIP電話、スマホにはアプリをインストールして使います。

そのため、PBXやビジネスホン用の主装置といわれる機器を社内に設置する必要はなく、工事費もメンテナンスも不要。

代表電話にかかってきた電話は、全員でとることができ、保留にして別の人に電話を代わったり、内線同士の電話ができたり、という、一般的なビジネスホンの機能を持っています。

そのうえで、今までなら社内に居なければ電話に出ることができなかったのに対して、社内に居なくてもスマホを使って会社の電話番号で受発信できる、という特徴があります。

また、オプションの場合もありますが、Webアドレス帳や受発信履歴などを残す機能もあるようです。

 

いろいろなクラウドPBXサービス

複数のサービスがあり、基本は同じでも、料金や特徴に違いがあります。
規模や使い方により、必要な機能は違ってくると思いますが、少人数の事務所でも便利に使えるクラウドPBXサービスには、以下のようなものがあります。