Gmailを使わないようにする(Gmailアカウントの削除)

作成日:2014-06-20  更新日:2016-10-30

Googleの他のサービスは使いたいけれど、Gmailを使うのをやめたい。

そんな時は、Gmail アドレスを無効にすることで、他のGoogleサービスは使えるけれどGmailのアカウントは削除することができます。
送受信したメールやアドレス帳など、Gmail関連の情報はすべて消えてしまいますのでご注意ください。

 

1.Googleにログインしている(GmailでもOK)状態で、右上の顔のアイコンをクリック
20140619-1

 

 

2.「アカウント」をクリック
20140619-2

 

 

3.「データツール」をクリック
20140619-3

 

4.「サービスを削除」をクリック
20140619-4

 

5.「Gmailを完全に削除」をクリック
20140619-5

 

 

  1. 代わりになるメールアドレスが入っていなければ、新しいメールアドレスと現在のパスワードを入力して「Gmailを削除」をクリック
    このアドレスは、Gmailのアドレスとは別のアドレスになります。
    そしてGmailを削除した後は、このメールアドレスでGoogleにログインするようになります。
    20140619-6

 

7.下のようなメッセージが表示さえれ、6.で指定したメールアドレスにメールが届きます。
20140619-9

 

 

8.メールにはGmailを削除し、Gmailの全データを削除する場合のURLが書かれているので、それをクリック。
20140619-10

 

 

9.これでGmailが削除されました。2営業日以内に削除されます。
20140619-11

 

 

10.「続けるにはここをクリックしてください」をクリックすると削除されたことを確認できます。
20140619-12

 

 


ちなみに、Gmailにアクセスしてみると以下のようなメッセージが表示されます。
2営業日以内に削除されるということで、すぐなら同じアカウントを復活できるようですが、確実な情報ではありません。
20140619-13

 

 


 

Googleのサポートの「Gmail アドレスを無効にする」はこちら

END