Chromeリモートデスクトップのネットワークエラー



Chromeリモートデスクトップで、エラーが起きてパソコン(ホスト)にアクセスできません。

インストール後はきちんと使えていたのですが、いつの間にかモバイル通信では問題なくアクセスできるのに、Wi-Fiではネットワークエラーでホストパソコンにアクセスできなくなってしまいました。

今回は、iPhone や Android のスマホからパソコンにアクセスしようとしていました。

 

現象

iPhone では「xxへの接続中にエラーが発生・・・ ネットワークに接続できませんでした。デバイスがインターネットに接続されているか確認してください。」というメッセージが表示されますし、

Androidでは「ホストにアクセスできません。お使いのネットワークの設定が原因であることが考えられます。」というメッセージが表示されます。

モバイル通信では問題なくアクセスでき、Wi-Fiの時だけエラーになってパソコンにアクセスできません。

インストール直後はどちらでもアクセスすることができていました。

原因

パソコン(ホスト)にリモートアクセスするとき、PINの入力を要求されますが、PIN入力の下に「このデバイスからこのホストに接続するときにPINの再入力を要求しない。」というチェックボックスがあります。

今回はPIN入力を省略できると思い、これにチェックを入れた後からアクセスができなくなってしまったようです。

解決策 1:パソコン(ホスト)側をインストールし直す

パソコン(ホスト)側のChrome リモートアクセスをアンインストールしてからインストールし直し、PIN入力時、「このデバイスからこのホストに接続するときにPINの再入力を要求しない。」のチェックを付けないようにすれば、今回の問題は解決するようです。

スマホ側はそのままで大丈夫でした。

アンインストール方法は、「スタート」→「設定」→「アプリ」→「Chrome Remote Desktop Host」をクリックして、「アンインストール」をクリックすると行えます。

 

解決策 2 「PINの再入力を要求しない」のチェックをはずす

PINの再入力を要求しないようにすると、PIN入力画面は表示されなくなりますので、このチェックボックスをはずすためには、パソコンのChromeからリモートアクセスのページ(https://remotedesktop.google.com/access)にアクセスして行います。

リモートアクセスのページを表示すると、「このパソコンは1つ以上のクライアントがPINの入力なしで接続できるように設定されています。」と表示されるので、右側の「表示/編集」をクリックします。

ペア設定されたクライアントが表示されるのでごみ箱アイコンか「すべて削除」で削除を行います。

これで、接続するときには毎回PINコードの入力を要求されるようになります。

 

ただ、ペア設定されたクライアントを削除した後も、今回はなぜかネットワークエラーが解消されませんでした。

パソコン側のIPv6を使わない設定することで、今回のエラーは出なくなりました。

一度リモートアクセスできるようになったことを確認した後は、IPv6の設定を元に戻しても、問題なく動いています。

 

IPv6を使わないようにする方法は、

「スタート」「設定」「ネットワークとインターネット」→「アダプターのオプションを変更する」とクリックしていって、今使っているネットワークを右クリック して「プロパティ」をクリックし、「ネットワーク」タブの『この接続は次の項目を使用します』の枠内の「インターネットプロトコルバージョン6(TCPIPv6)」のチェックを外して「OK」をクリックすれば行うことができます。