Windows10の画面右下に表示される小さなボックス、不要なアプリの情報は出したくない

作成日:2018-08-03  更新日:2018-08-03

Windows10で時々画面右下にピコピコっと表示されるボックス(通知バナー)、いろいろな情報を提供してくれるボックスです。
表示させたくない、必要なものだけ表示させたい、などの場合には、以下の設定で変更できます。


↑ Windowsの設定で調整できるもの


↑ Chromeの設定で調整できるもの

Windows の「通知とアクション」の設定

OutlookやSkype、Lineなどの通知はWindowsの「設定」から変更できます。

  1. 画面左下のスタートボタンから歯車アイコンの「設定」をクリック
  2. 「システム」をクリック
  3. 左側のメニューの「通知とアクション」をクリックし、
    「アプリやその他の送信者からの通知を取得する」などで全部表示しないようにしたり、「送信元ごとの通知の受信設定」からアプリごとに通知する、しないを設定することもできます。

    また、各アプリのオン/オフではなく、アプリ名のところをクリックすれば、通知バナーは表示させないけれどアクションセンターにだけは表示させる、というような細かな設定もできます。

アクションセンターは、画面右下のアイコンをクリックすると表示されます。

 

Chrome の通知設定

また、Chromeブラウザを使っている場合、YoutubeやFacebookなどはChromeの「通知」設定で表示されます。

その場合には、通知バナーの右上に、「通知設定」の歯車アイコンが表示されているので、それをクリックして変更することもできます。

  1. Chromeブラウザを開いて、右上の「Google Chrome 設定」アイコンをクリックし、メニューから「設定」をクリック
  2. 表示された設定画面の最下部にある「詳細設定」をクリック
  3. 「プライバシーとセキュリティ」の項目中の「コンテンツの設定」をクリック
  4. 「通知」をクリック
  5. 設定を変更したいページの右側の(その他の操作)をクリックすると、通知に対する「削除」を行うことができます。
END