Windows Live メール、メールアプリ

Windows Essentials 2012 スイートのサポートは 2017 年 1 月 10 日 に終了します。
その中に含まれる Windows Live メール もです。
サポート終了日以降も使い続けると、セキュリティ リスクが高くなりますし、一部のメール サービス プロバイダーは、セキュリティと信頼性を改善するために、Windows Live メールでサポートされていない新しい電子メール プロトコルに移行しています。これらのメール サービス プロバイダーでは、機能しなくなる可能性があります。

とのことですが、どうすればいい?

無料で組み込まれているメールアプリ

Microsoftでは、Windows 8.1 以上に無料で組み込まれている メールアプリ を勧めています。

このメールアプリは、メールをサーバー上で管理し、受信メールも自分のパソコンなどにダウンロードするのではなく、その都度サーバにあるものを表示する IMAP形式をメインに考えられたアプリです。
IMAP形式だと、1台のパソコンだけではなく、複数台のパソコンやスマホなど、複数の場所から同じメールを見ることができ、受信メールだけでなく送信メールも複数から見ることができるので、使い方によってはとても便利です。
ただし、サーバ上に保存しておくので、すべてを残しておきたいような場合、容量を気にする必要があります。

Windows10 からは、受信メールを自分のパソコンなどにダウンロードして使う POP形式 が使えるようになりました。
ただしこのpop形式は、今まで一般的に考えられていた、サーバー上からパソコンなどにダウンロードして、ダウンロード後はサーバーからは削除する、という考え方と少し違い、サーバーからの削除の方法がわからないのと、
受信トレイや送信トレイなどの既存のフォルダ以外のフォルダを作ることができないようです。

今までのPOP形式に慣れている人には、少し変わったPOP形式です。

現状でのお勧めは?

Microsoft Officeを使っているなら、Outlookのメールのほうが今のところ使いやすいですし、
それ以外では、Gmail がいいのではないかと思います。

Gmailは、上記のIMAP(サーバー上のメールを管理する)形式ですが、メール サービス プロバイダーなどのサーバーではなく、Gmail用のサーバーを使うので、ほとんど容量を気にする必要がありません。
Gmail用のメールアドレスになってしまうのではなく、今使っている自分のメールアドレスを設定できます。
あまり、サーバー上で管理していることを気にすることもなく使うことができます。
無料のサービスなので、いつ「やぁめた」とGoogleが言い出すかわかりませんが、多くの人が使っているので、そのようなことはまずないと思います。
バックアップなどを取っておけば、間違えて消してしまった場合の対応もできます。