「Group Policy Client サービスに接続できませんでした」エラー 覚書

作成日:2015-06-06  更新日:2015-06-06

現象

PCを起動すると画面右下の方に吹き出しで
—————
Windows サービスに接続できませんでした。
Group Policy Client サービスに接続できませんでした。
・・・
—————
というメッセージが表示され、ログインはできてデスクトップは表示されるのですが、メールがうまく送受信できなかったり、動作が変だったりするという現象がありました。

 

解決方法

Windows Updateにより何かが壊れたということのようですが
下記の、参考サイトに書かれている内容で、問題がなくなりました。

覚書として概略を記載しておきますが、詳しい内容は参考サイトでご確認ください。
また、レジストリは Windows 内のデータベースで、コンピュータのシステム ハードウェア、インストールされているプログラムと設定、および各ユーザー アカウントのプロファイルに関する重要な情報を格納しています。間違えた内容などで保存してしまうとPCが起動しなくなることがあるので、気をつけて下さい。

今回行ったのは、以下の通りで、レジストリエディターを起動して、レジストリに2つ追加するというものです。

  1. Win-Rをクリックして、「regedit」と入力し、「OK]をクリック
  2. 左側のペインで「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows NT」→「CurrentVersion」→「Svchost」と開いていく。
  3. 「Svchost」も開いて、その下に「GPSvcGroup」がないことを確認し、Svchostを右クリックし「新規」→「キー」をクリックし、「GPSvcGroup」と名前を付ける
  4. 今作成した「GPSvcGroup 」を右クリックし「新規」→「DWORD(32ビット値)」をクリックし、名前を「AuthenticationCapabilities」、値を3020(16進数)と入力。
  5. 同様に「GPSvcGroup」に名前を「CoInitializeSecurityParam」、値を1として設定
  6. レジストリエディタを終了して、Windowsを再起動

 

参考サイト

http://paqalex.blog133.fc2.com/blog-entry-26.html
https://social.technet.microsoft.com/Forums/windowsserver/en-US/ab15d601-0e38-4f9d-ab7f-5ad5ceda2a43/failed-to-connect-to-a-windows-service-group-policy-client-service?forum=winserverGP

END