スマホがビジネスホンに変わる

少人数企業の場合の会社の電話

1人、2人、~数人程度の企業の場合で、全員が出払っていることが多く、携帯やスマホでないと電話対応ができない。そんな企業もけっこうあるのではないでしょうか。

既存のお客様なら、担当者の携帯(スマホ)に直接電話をしてもらって、担当者からも気兼ねなく携帯(スマホ)から電話をかけることができますが、新規顧客などに携帯(スマホ)番号だけをお知らせするわけにはいきませんし、Webに電話番号を入れる場合も携帯(スマホ)ではちょっと・・・。

 

そんな時は、どんな方法があるのでしょう

転送機能を使って携帯(スマホ)に転送させる

固定電話会社のオプションサービスに転送機能というサービスがあります。
NTT東日本、西日本のひかり電話のボイスワープなどがこれにあたります。
これを使えば、事務所にいるときは事務所の電話で応答して、出かける場合には転送先番号を設定して、そちらに転送、ということができます。
ただし、転送サービスではあらかじめ指定した電話番号に転送するようになっているので、特定の人に負担がかかりますし、その人が出られなければ転送しても出ることができません。
また、この方法だと受信はできても外出先からの発信は、携帯(スマホ)番号からになります。

 

秘書サービスの電話代行サービス

電話代行サービスというのがあります。
固定電話にかかってきた電話を、別の場所で受け取ってくれて相手の番号や用件を聞いておいてくれます。内容を聞いて、後からかけなおすことができるものです。
留守電の苦手な方でも、「人」が対応して用件を聞いてくれるので、きちんと対応してもらった感じになります。
また、24時間受付ができるものもあり、業種によってはとても助かるサービスです。
ただ、毎回、後でかけなおします、となってしまうのと、この方法でも外出先からの発信は、携帯(スマホ)番号からになります。

 

クラウドPBX

社内のビジネスホンやPBXの代わりにその機能だけを借りるサービスで、電話機が、卓上の電話機でもスマホでも同じように使えるものがほとんどです。
外出先でも設定されているスマホからは、会社の電話番号で発着信でき、内線としてほかの場所にいる社員と話すことや、客先からかかってきた電話を別の社員に転送することもできます。
電話代行のように24時間対応とはいかないことや、少人数企業向けのサービスを提供していないばあいもあります。

全員外出先でもスマホで会社の電話をとれる、スマホが内線電話になる 『クラウド PBX サービス』も参照ください。


「ナイセンクラウド」の場合、1人でどこにいても会社の電話を受けたい方、2人以上でどこにいてもどちらかが会社の電話を受けたい、または応答してから担当者に転送したい、というようなことができる、少人数でも便利に使えるサービスです。



全員外出先でもスマホで会社の電話をとれる、スマホが内線電話になる 『クラウド PBX サービス』 -->

IP-PBXって何? -->

ビジネスホンって何?PBXって何? -->

もうビジネスホンの主装置はいらない -->

IP電話?IP電話機? -->